東京レインボープライド2019に行ってきた

今日はとってもいいお天気だったのでお散歩がてら代々木公園にいってきました。

f:id:ominahesizuki:20190428210700j:plain

今日のイベントは東京レインボープライド。

たくさんのサポートの人たちや企業がでていましたよ。

 

レインボーブライドとは

このレインボープライドはセクシャルマイノリティの差別をなくすために開かれています。発祥はアメリカ。

アメリカってとっても自由の国というイメージがありますが、それは最近のこと。

ちょっと前まではセクシャルマイノリティに対してものすごく偏見や差別がありました。

つい最近オバマ政権になるまで、アメリカ軍には”Don’t tell Don’t ask”という言わないし、聞かないという暗黙の了解があり、表立ってはLGBTであることを軍の中で公表してはいけないという風習があったんですよ。

 

さて、このレインボープライドという活動のきっかけはいまから50年前、1969年6月28日にアメリカで起こったゲイ(LGBT)たちに対する警察の差別的な行動に対して反抗し、暴動を起こした事件がきっかけなんです。

「ストーンウォールの反乱」と呼ばれるこの暴動、そのあとから平等な権利を求める活動が始まりました。

 

そして「ストーンウォールの反乱」の1年後には現在のプライドパレードの起源となるデモ行進がニューヨークなどで行われました。

 

そして25年後の1994年8月28日には日本で初めてとなる東京でプライドパレードが。約1,000人が新宿中央公園から渋谷・ 宮下公園までをレインボーフラッグを掲げて行進しましたのだそうです。

そしてこの「8月28日」、1963年に、マーティン・ルーサー・キング牧師らが中心となって人種差別撤廃を求めて行進し、あの「I Have a Dream」の演説が 行われたことでも有名な「ワシントン大行進」と同じ日です。

そして今年、2019年は日本でパレードが始まってから25年周年。

日本のセクシャルマイノリティの権利はまだ浸透していませんが、このイベントでもっとたくさんの人が理解し、みんなが平等になれるといいですよね。


今回の『東京レインボープライド2019』のテーマは、 「I HAVE PRIDE」。 

sponsored link

自分たちのありのままの姿にプライドを持つ、そんな意味が込められているそうです。

 

東京レインボープライド2019の会場の様子

f:id:ominahesizuki:20190428205214j:plain

日本人だけでなく、海外の人もたくさん来ていましたよ。

そしてパレードに参加するコスプレをした人たちの姿も。

 

実は女性よりきれいなひとも結構いて、すごかったです。

 

f:id:ominahesizuki:20190428212412j:plain

今年は日産も協賛していて、車の展示もありました。

f:id:ominahesizuki:20190428212514j:plain

東京レインボープライド2019シンポジウム

f:id:ominahesizuki:20190428212954j:plain

シンポジウムでは、まだ婚姻が認められていないパートナーとの医療同意や相続などについて専門家が説明をしてくれていました。
家族にしか説明しない、相続できないなど、婚姻ができないパートナーが困ることってたくさんあるんだなあと思いました。

 

プライドパレード

f:id:ominahesizuki:20190428213257j:plain

本日の2時からはおまちかねのパレードです。

たくさんの人たちがパレードに参加していました。

そしてそれ以上に応援している人たちも。

なんだか心が温まりますね。

 

東京レインボープライド2019の日程

今日が初日だった東京レインボープライド2019。

代々木公園でのプライドフェスティバルは明日もやっていますので、もし興味があれば行ってみて下さい。

今からでも行けるって方、朝5時までプライドパレードアフターパーティをやっているみたいなので、行ってみてもいいかも?

 

開催時間:11:00~18:00

場所:  代々木公園イベント広場

 

スポンサードリンク