今年の夏こそBBQ!2019年おすすめBBQレシピは?

暖かくなってくると、やりたくなるのがBBQですよね。

私はアメリカに8年ほど住んでいたのですが、夏だけでなく冬もやるのが普通でした。

子供の誕生日会はおうちでBBQが断然多かったです。

そしてBBQの話題といえばだれのBBQが一番おいしいか。

みんなそれぞれ自分のおうちに伝わる秘伝(?)のソースやレシピがあるんですよね。

f:id:ominahesizuki:20190422161616j:plain

アメリカの定番BBQと言えば

チーズバーガーですよね!

アメリカではスーパーにハンバーガーパテと呼ばれるひき肉をハンバーガーに入れるように丸い平らにしたものが冷凍で売っています。

それをそのままグリルで焼いてしまえばいいのですが、こだわるおうちはパテから作ります。

私も何度か作ったことがあるので、その時のレシピを教えちゃいますね。

チェダーポークバーガー

これを作るとすぐなくなってしまう、うちの大人気バーガーです。

たくさんは作れないので6個ほどこのバーガーを作り、残りはスーパーの冷凍パテでやっていたのですが、一番先にこのバーガーがなくなってしまうんです。

スポンサードリンク

材料:

ウスターソース 大匙1

塩       小さじ1/4
コショウ    小さじ1/4
豚ひき肉    500g
チェダーチーズ カップ1
ハンバーガー用パン 4個

作り方

  1. ウスターソース、塩コショウと豚ひき肉を混ぜ合わせる
  2. 合わせたお肉を8個に分け、ひとつづつ丸く平らしてパテを作る
  3. 平たくしたパテのうち4つにチーズをのせる
  4. チーズをのせたパテの上にチーズをのせなかったパテをのせ、しっかり上下をくっつける
  5. できた4つのパテをグリル中火で14~18分または中まで焼けるまで焼く。
  6. お好みの野菜(トマト、レタス、ピクルスなど)をのせ、ケチャップまたはBBQソースをかけてできあがり

ポイント

8個のパテを作るときに薄めに作ると、焼くときに火が通りやすいのですぐ焼けます。

お子さんがいる場合はチリペッパーを抜いてください。

このハンバーガー、がぶっと噛むと、中のチーズがトロっと蕩けて出てきてとってもおいしいですよ!

河原などでBBQをする場合はパテまでおうちで作って、ひとつづつラップで包んで持って行っていました。

また、多めに作って冷凍してもいいです。

おうちで焼く場合はフライパンで、ちょっと香りづけに赤ワインを1/2カップほど入れてふたをして蒸し焼きにするとおいしいですよ。

もうパンなんかいらないって感じでそのままハンバーグとして食べてもおいしい!

夏野菜のレモン漬け

sponsored link

アメリカのBBQは基本肉ですが、お野菜もあります。

結構みんなワイルドにトウモロコシをそのまま一本(下ゆでもちろんします)とか、シシカバブのようにお肉と一緒に刺して食べたりもしています。

でも私はこのレモンでつけ野菜がさっぱりしていて大好きで、BBQをするときは毎回と言っていいほど作ってました。

材料:

ナス       小1個
赤パプリカ    小2個
ズッキーニ    3本
白マッシュルーム 1パック
オリーブオイル  1/4カップ
レモン汁     1/4カップ
生バジル     1/4カップ
またはドライ   大匙2
ニンニク     2カケ
塩コショウ    お好みで

作り方

  1. ジップロックなどの大き目の袋にオリーブオイル、レモン汁、バジル、塩コショウを入れて軽くもむように混ぜる。
  2. 野菜を一口サイズに切って、先ほどの袋に入れ、オイルと混ぜる。
  3. 混ぜた袋を冷蔵庫に1時間ほど入れ、味をしみこませる。
  4. グリルで片面2~3分づつ焼いて完成。

ポイント

野菜はなんでもいれて大丈夫!

基本の野菜はこれですが、ミニトマトやピーマン、カブなんかもあれば入れていたので、冷蔵庫にあるお野菜何でもいれて大丈夫です!

バジルも香りが強いほうが好きな方はもっと入れてください。

ピリ辛バーベキューチキン

これは日本人の友人たちも大好きなチキンのレシピ。

ちょっとピリ辛なので、辛いのが苦手な方は調整してくださいね。

材料

オリーブオイル  カップ2
塩        小さじ1
コショウ     小さじ1/2
パプリカ     小さじ1/2
クミンパウダー  小さじ1/2
カイエンペッパー 小さじ1/4
ニンニク     2カケ
みじん切り玉ねぎ 大さじ3
生パセリ     カップ1/2
ビール      カップ1と1/2
手羽先肉     1kg

作り方

  1. オリーブオイルをジップロックの袋(1ガロンバッグ)に入れる。
  2. 塩コショウ、パプリカ、クミン、カイエンペッパーを1のジップロックに入れる。
  3. みじん切りにしたニンニクと玉ねぎ、パセリを入れ、よく混ぜる。
  4. 最後にゆっくり泡が立たないようにビールを加える。
  5. 鶏肉をジップロックの袋に入れ、できるだけ空気を抜いて口を閉める
  6. ジップロックの袋を冷蔵庫に入れ、1時間から一晩寝かせる。途中で袋を返して肉全体に液が絡まるようにすると味がよくしみておいしいです。
  7. 中火にしたグリルで15分から20分または中が65度以上になったら出来上がり

ポイント

手羽先だけでなく、鳥のもも肉やむね肉でも美味しくできますよ。

お肉を付けるときに必ず袋の向きを変えて、全体がつかるようにするとジューシーでおいしい鶏肉が焼けます。

またうちではBBQだけでなく、フライパンやオーブンで焼いて食べたりもします。

これは本当においしいのでぜひぜひ試してみてください

まとめ

私の大好きなレシピを3つご紹介しましたが、いかがでしたか?

アメリカ特に南部では肉や野菜を漬け込んでから焼くのが一般的です。

ステーキなどももちろん一晩漬けこんでから焼いていますよ。

実は今度、ブラジル人のお友達とブラジル式BBQを企画しているんです。

ブラジル式のBBQってどんなものか、ちょっとわくわくしているんですが、おいしいレシピを教えてもらったら、またご紹介しますね。

これからBBQの季節! ぜひみなさんも楽しんでくださいね。

スポンサードリンク