6月16日は和菓子の日!嘉祥菓子ってなに?

和菓子って最近食べていますか?
あまいあんこが苦手ってひとも多いみたいですが、私は大好き!
羊羹はちょっと甘すぎて苦手ですが。。。。

和菓子の日って何?

和菓子の日って私も初めて知ったのですが、もともとは平安時代に行われた「嘉祥の儀式」に由来するものなのですって。

この儀式の起源については諸説あるようで、そのうちの一つが、こちら。
平安時代の中期、仁明天皇の時代に疫病が蔓延したために、元号を「承和」から「嘉祥」へと変更しました。
そして「嘉祥」と変更したその年、元年に厄除けと健康招福を祈願して16個のお菓子やお餅を神前にお供えする「嘉祥の儀式」が行われていました。

江戸時代には6月16日に大名や旗本を江戸城の大広間に集めて時の将軍からお菓子が配られるほど一般的に行われていたこの嘉祥の儀式(嘉祥の日)ですが、明治時代に文明開化とともに西洋のお菓子が入ってきたことにより、だんだん廃れてしまったのです。
そこで全国和菓子協会が和菓子の復活をと制定したのが「和菓子の日」なんです。
https://www.wagashi.or.jp/wagashinohi/

嘉祥の日に食べる嘉祥菓子ってどんなもの?



虎屋ホームページより

平安時代から続いてきたこの嘉祥の日には16個のお菓子やお餅が神前に捧げられ、人々はその数にあやかって同数を食べていたようなのですが、さすがにその数は大変ですよね。
江戸時代になると16個ではなく1と6を足した7個とすることになったようです。この7個のお子足のことを「7嘉祥」と呼んで。いまでも嘉祥菓子は7個セットものが多いのです。
さすがに16個食べるのもつらいですけどおなかのお肉がきになっちゃいますよね。
7個でも、ですけど。
<h1>嘉祥の日にはどんなことをするの?イベントは?
もともとは16個のお菓子やお餅を神前にお供えすることから始まったこの嘉祥の儀式は。現在でも行われているんです。
<h2>赤坂山王日枝神社の「嘉祥祭」

日枝神社 山王嘉祥祭

赤坂にある徳川将軍家の産土神である日枝神社では毎年6月16日に嘉祥の日を祝う「嘉祥祭」を行っています。 この「嘉祥祭」は和菓子協会と一緒に行っているイベントで神前で作られた「伝統の和菓子」を神前に奉納し、「疫難退散」と「健康招福」を祈るものです。
当日は、東京和菓子協会の技術者が「菓子司」として神前にて和菓子(煉切)を作り奉納します。
開催日時:6月16日13時から
場所:〒100-0014 東京都千代田区永田町2-10-5
電話 03-3581-2471
最寄り駅
地下鉄(千代田線)赤坂駅(出口2)徒歩3分
地下鉄(南北線・銀座線)溜池山王駅(出口7)徒歩3分
地下鉄(千代田線)国会議事堂前駅(出口5)徒歩5分
地下鉄(銀座線・丸の内線)赤坂見附駅(出口11)徒歩8分

sponsored link
スポンサードリンク

福徳神社の嘉祥祭

福徳神社でも和菓子の奉納が行われます。
こちらも13時から。
近いから神社のはしごって思ったのですが、できませんでした。。。
これ以外にも23日までコレド室町とのコラボを行っていて、限定の御朱印をもらうこともできます。
詳細はこちらからどうぞ。
HP:https://mebuki.jp/
<h2>明治神宮菓道敬神会の和菓子無料配布


毎年明治神宮菓道敬神会の有志が行っているこの無料配布。
境内の片隅で行われています。もし当日近くに行かれるのであれば、寄ってみるのもいいですね。
<H2>手作り和菓子教室

和菓子協会で行われている和菓子を手作りできる教室です。東京製菓学校の先生と東京和菓子協会青年部の方が教えてくれる本格教室が1000円でできるのでお勧めです。
開催日:和菓子の日の前の週末(土曜日)
開催場所:東京製菓学校(新宿区高田馬場)
参加費:1000円
定員:210人
応募締め切り:5月半ば
お問合せ先:東京和菓子協会(03-3375-7121)
HP:https://www.wagashi.or.jp/date/2019/
生菓子を2つ作り、持ち帰りができます。
募集はだいたい4月ごろ行われます。
全国和菓子協会のニュース&イベントページで告知されるので、その時期に確認していただくとよいですよ。

和菓子専門店では限定お菓子も


和菓子で有名な虎屋では限定和菓子が販売されています。
予約が必要なものもあるので、HPを確認してくださいね。
https://www.toraya-group.co.jp/toraya/small_stories/calendar/kajo_wagashinohi/
とらやと並んで有名なのが、たねや。

もちろんたねやでも限定和菓子、やっています。
でも次の日にはサイト自体なくなってしまうというちょー限定の吉兆嘉祥。
https://taneya.jp/okashi/index.html

2016~2018年の家計調査で和菓子に使われる金額はたった13%!


とってもおいしい和菓子ですが、年々消費量が少なくなってきているんです。
総務省の統計局が出しているお菓子類の消費金額の中で和菓子はたったの13%。洋菓子の22%からだいぶ低い数値になっていますね。

参考:家計調査(総務省統計局)https://www.stat.go.jp/data/kakei/5.html
やっぱりお菓子の種類が増えたことによって消費が減ったのでしょうね。
とっても残念です。

まとめ

和菓子の日についてまとめてみました。
今日ご紹介したイベントは毎年行われているので、今年いけなかったという方はぜひ来年挑戦してみてください。
私も来年こそ、明治神宮の和菓子をトライしてみたいと思っています。

スポンサードリンク