マダムセクレタリーって凄い!タイムリーに見れると時事情報に精通する

アメリカのドラマってほんとその時の時事ニュースに関連したものを作ってたりするんですが、このマダムセクレタリーはそれが顕著な感じ。

特にアメリカがどのように日本を見ているかってわかるところもあって、そういう意味でもとっても面白い!


Madam Secretary – First Look

マダムセクレタリーっていったい何?

って思いますよね。私も最初聞いたときはなんだろうって思ったのですが、役職の敬称なんです。秘書ではありません。。。。

 

これは女性がアメリカの国務長官になると呼ばれる敬称なんです。

Madamは女性なので、女性が国務長官になるとこう呼ばれます。男性ならミスターセクレタリーですね。

そう、このドラマは女性国務長官の話なんです。

 

ちなみに大統領はミスタープレジデントと呼ばれます。

もしヒラリークリントンが大統領になっていたらマダムプレジデントになっていたんですよね。

 

マダムセクレタリーってどんな話?

元CIAの分析官をしていたエリザベス・マッコードが元同僚であり現大統領であるダルトン大統領から国務長官になってほしいと頼まれるところから始まります。

CIAであることに嫌気がさしたエリザベス(通称:ベス)は夫であるヘンリーとともに大学の教授をしつつ、3人の子供を育てるというワーキングママ。

そんな彼女にどうしても国務長官になってほしいとダルトン大統領が口説き落とすのです。

前国務長官は飛行機事故で亡くなったのですが、その死を怪しんだCIAの元同僚の死。

最初からいろいろと気になってしまいます。

 

国務長官(セクレタリーオブステイト)の仕事はとっても多岐にわたっています。

外国との交渉や国内の関係各所とのやりとり。こんなに忙しいのにママ、妻としてもうまくやっていくベスはほんとうにスーパーウーマン。

 

マダムセクレタリーのタイムリーなエピソード

2014年から始まったこのマダムセクレタリー。日本ではまだシーズンワンがFOXチャンネルなどで放送されているだけですが、アメリカではすでにシーズン5まで終わっています。

 

どんなタイムリーな時事ニュースがドラマに入っているかというと、まずはプレビューにも載っていますが、アメリカの大学生がシリアに拘束され、その救出を行ったり。

それからカナダとの通商問題、アラブ地域との紛争問題。

もちろん、中国の南シナ海の占有など、これでもかってくらい、周りで起こっている国家間の問題が取り上げられているんです。

そしてそれをベスの機転で問題を回避または延期していくという、テンポの速い構成になっています。

 

これを見ていると、世界の首脳の半分が彼女のようだったら、きっと世界は平和なんだろうなあって思ってしまいます。

 

マダムセクレタリーはシーズン6で終了なのだとか。

2014年から1年にワンシーズンという形で配信されてきたマダムセクレタリー。

シーズン5には元国務長官2人と元陸軍大将も出演するほど。

sponsored link

左からヒラリークリントン氏、ベス役のティア・レオーニ、元陸軍大将コリンパウエル氏、マデレーン・オルブライト氏。

f:id:ominahesizuki:20190524110523p:plain

出展:CBSホームページ

www.cbs.com

残念ながら次のシーズンつまり2019年に始まるシーズンで最後になってしまうんです。

とっても残念!!

ベスが次にどんな問題に立ち向かうのか、いま中国との貿易戦争をしているアメリカの時事ニュースを使って、貿易戦争の話になるのか、それともロシア問題関係になるのか。

ダルトン大統領はとってもまともな方なので、トランプ大統領のような問題はなさそうだけれども。。。。

でも火のないところに火をつけちゃうのが政治なので、ありえるかも?!

 

日本でマダムセクレタリーを見るには

日本ではFOXのほかにHuluやツタヤで見れるみたい。

 

dTVは31日無料で試せるので、31日で見切っちゃえって人は無料で見れます。

パイレーツオブカリビアン 

 Huluは2週間無料です。

 ハンドメイズ・テイル

 U-NEXTも31日間無料で見れちゃいます。

U-NEXT

 

まとめ

 日本での配信がちょっと遅いのでタイムリーにはならないのですが、アメリカからみた世界が見えるマダムセクレタリー。

時事ニュースなんか関係なくてもとっても面白いので、とってもおすすめです。

私はアメリカのNetflixで公開されているシーズン4まで一気見してしまいました。。。。

 

梅雨の季節のおともに、ぜひどうぞ。

 

 

 

スポンサードリンク