2019年ドローンおすすめは? ドローンで遊ぶためには資格が必要?


ドローンが最初に作られてから実は70年以上たっているって知っていましたか?
そう、実は第二次世界大戦のときにはすでに研究製作されていたらしいのです。その時には実用化されなかったそうなのですが。
軍事利用で始まったこのドローン今では知らない人がいないほど一般的になってきましたね。
でも実は私も初めて知ったのですが、趣味や遊びで飛ばすだけでも許可が必要なんです。
ドローンで遊ぶためには何が必要なのか調べてみました。

スポンサードリンク

ドローンは重量によって規制されるものと規制されないものがある

子供と一緒に遊ぶために購入する場合気を付けなくてはいけないことがあります。
それはドローンの重さ。
重さによってドローンは規制を受けるものがあるんです。

ドローン規制とは?


いざドローンを購入、さあ飛ばすぞっと思った方、ちょっと待ってください。
もしもドローンの重さが200g以上の場合はすぐにはドローンを飛ばすことはできないのです。

総重量が200g以上のドローンを飛ばすためには規制があります。
ちなみによく聞くドローン規制というものは実際にはありません。
しかし、空を飛ぶものとして「航空法」という法律によって飛ばす場所、高さ、時間帯などの規制があるのです。

ドローンにはがどんな規制が適用される?

200g以上のドローンを飛ばす、かつ、この規制にあたる場合には許可が必要になります。

飛行禁止区域とは?


ドローンを飛ばしてはいけない場所があります。
1. 空港のまわり
「航空機やヘリの離着陸に影響を与えるかもしれない空域は禁止」。
空港からの距離ではないので、気を付けてください。
詳細は
2. 150m以上の高さ
150mというとよくわからないですよね。
これは建物でいうと42階くらいの高さになります。
3. 都市部などの人口集中地区の上空
東京23区や大きな都市がこれにあたります。

飛行方法の規制とは?


1. 日中に飛行させる
2. 目視(肉眼で見える)範囲
3. ほかの人やモノから30m以上離れていること
4. イベントなどの催し物でないこと
5. 危険物を輸送しない
6. ものを落とさないこと
7.

ドローン規制は屋内や周りを囲まれた場所では適用されない

200g以上の大型のドローンであってもおうちの中や体育館などの周りを囲まれた場所で飛ばすときには、上記のような規制は適用されません。

子供たちとおうちでちょっと遊ぶときはなんの心配もなく遊べますよ。
ただ、200g以上のものはかなり大型のため、なかなかおうちで遊ぶことはできないかなとは思いますが。

ドローンを飛ばすために必要な許可とは?


では200g以上の大きなドローンで遊ぶときはどうしたらいいのでしょうか?
もちろん、田舎の何もない場所で上記にまったく入らない場合は不要ですが、ひとつでもあたった場合は国土交通省の許可が必要になります。
2019年よりオンラインでの申請ができるようになりました。
国土交通省(オンライン申請HP)

このサイトで電子許可をとることでドローンを飛ばすことができます。

注意:この申請は10日前(土日祝日を除く)までに申請が必要です。

またこの申請は1日だけでなく長期間とることもできます。
申請方法は国土交通省にありますので、必ず確認してください。
国土交通省

ドローンは免許制?ドローン検定とは


ドローンと検索すると出てくるのが免許や資格という言葉。
ドローンを飛ばすために資格って必要なのでしょうか?

ドローン資格は民間資格

まず、2019年現在、ドローンを飛ばすために必要な免許や資格はありません。

ドローン資格と一般的に呼ばれているものは 「一般社団法人 日本ドローン協会」というところが出している民間資格です。
日本ドローン協会はドローン操縦の講習や資格試験を行っている団体です。

「ドローンの事故を未然に防ぎ、安全にドローンを飛ばせるよう、ドローンに関する知識(法規等含む)ドローンの実践的な操縦訓練の習得を目的とします。
JDAでは、ドローン操縦士技能認定機関として、国交省の内容にそった項目をベースとして、オリジナルに作成した試験科目を基に下記の技能認定(カテゴリー別の認定証明書の発行)を行っています。
1. JDA自家用ドローン操縦士
2. JDA事業用ドローン操縦士
3. JDAドローンインストラクター」
引用:「一般社団法人 日本ドローン協会」HP

自家用つまり趣味などで操縦する場合の講習もやっているんですね。

ただ、この資格は民間資格のため、これを持っているからと言ってなにか特別なことがあるわけではありません。

ドローンスクールで取れる資格とは?

資格や免許と一緒に検索されているのがドローンスクール。
スクールの平均価格は30万。通うことによって取れる資格は何なのでしょうか?

「一般社団法人 日本ドローン協会」と提携している学校は「一般社団法人 日本ドローン協会」が発行する資格を取ることができるようです。
ただし、すべてのスクールがそうではないので、「一般社団法人 日本ドローン協会」の資格を取ることを目的にしている方は、確認が必要です。

おすすめのドローンとメーカーは?

楽天やアマゾンなどでいろいろなドローンが売っていますが、どのようなものがよいのでしょうか?
重さ別で楽天とアマゾンの1位と2位をご紹介しますね。

重量が200g以下のドローン

金額的には1万円から2万円ほどのプライスレンジが多いです。
楽天の1番人気ドローンはこちら。

sponsored link
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

RYZETECH Tello Boost Combo(JP) TELOBC
価格:18900円(税込、送料無料)

楽天で購入

子供向けの一番人気ドローン

重量が200g以上のドローン(航空法の規制対象)

200g以上のドローンは最初に説明した航空法の対象になりますが、大きなものを飛ばしたいという方はこちらがおすすめ。
楽天には200g以上のものはなく、アマゾンでしか購入できません。

メーカーや専門店

一番有名なのがDJI社。
日本の正規販売店はこちら
DJI社 正規販売店
それ以外の専門ショップはこちら
大人気ラジコン専門サイト!

ドローン専門店

まとめ

ドローンについてまとめてみましたが、いかがでしたか?
うちでも子供が欲しがったので、子供用を購入したのですが、なかなか操縦が難しいらしく、家の中で飛ばしたのにやっぱりプロペラがなくなってしまいました。

外で飛ばすのはまず室内で練習してからかなあと思いました。

スポンサードリンク