衣替えの時期はいつ?衣替えって6月と10月がいいの?


季節が変わっていままでの服だと暑すぎたり寒すぎたりしてくると、衣替えをしなくてはって思いますよね。
でも寒い日が続いていたのに突然暑くなったり、暑い日から突然寒くなったりと、なかなかタイミングがむずかしいですよね。
私も毎回悩みます。
では一体いつ衣替えをしたらいいのか、調べてみました。

スポンサードリンク

衣替えをする正しいタイミング ・時期はいつ?


衣替えのタイミングって年々難しくなってきている感じがしますよね。
昔は年に2回だったのに、それじゃあ着ていく服がなくって困る。
学校や会社の制服は6月1日と10月1日に替えると決まっているから簡単ですが、コートなどのアウターはいつクリーニングに出したらいいのか迷ってしまいます。
そんな時に目安にしていただきたいのが気温。
どれくらいの気温を目安にしたらいいのか、紹介しますね。

厚手のコートやセーターをしまう時期は?


ウールやダウンのコート、セーターをしまう目安の温度は15度~20度。
一週間の平均が15度以上になってきたらダウンや厚手のウールのコートはクリーニングに出すのがおすすめです。
ただ、春の気温は変わりやすく、突然寒くなってしまったりするので、一枚だけコートを取っておくのがよいと思います。
最後のコートは6月1日当たりまでしまわずに置くと、突然の寒波がきても安心です。

冬物を全部しまうタイミングは?


一週間の平均気温が20度で最高気温が22度以上になったら、ぜんぶの冬物と長袖のものをしまってしまいましょう。
その際は春物のカーディガンを1,2枚残すことをおすすめします。

26度以上になると半そで一枚で過ごせますが、梅雨寒などで25度未満になることもあります。
カーディガンやスカーフなどを持ち歩くとよいでしょう。
もちろん、クーラーの寒さ対策で夏中持ち歩くのもお勧めです。

秋物を出す時期はいつ?


虫の声がだんだん大きくなってくるころ、朝夕が涼しくなってきて、秋物を出そうかなって思う頃。
一週間の平均温度が25度以下になってきたら、真夏の服をしまいましょう。
25度以下になると、半そでだと肌寒く感じるようになるので、長袖の準備をするといいですね。

sponsored link

冬物用の衣替えはいつ?

厚手のコートやセーターは気温が15度以下になったら出しましょう。
感じる寒さは人それぞれなので、寒いと感じ始めたら早めに出すといいでしょう。
特に首回りを冷やすと体調が悪くなる、肩こりがひどくなるなどあるので、マフラーや手袋をうまく使って、体調管理をしてくださいね。

いままでいわれてきた6月と10月はもうあっていない?

今回衣替えについていろいろと調べてみると、地球温暖化で年々気温が上がっていることがわかりました。
これまで言われてきた6月1日と10月1日だと今回ご紹介した温度での衣替えの時期よりずっと遅かったり、早すぎているんです。

参考:気象庁過去の気象データより(東京)
2010年から2018年の3月の平均最高気温はすでに春物を出すべき15度以上の年が半分以上になっています。
これだと6月まで待っていられないですよね。


参考:気象庁過去の気象データより(東京)

変わって10月と11月の気温。11月にならないと平均最高気温が15度を下回らないのです。
こうやって見ると、いままでの慣習である6月1日と10月1日に縛られないほうがよいのがわかりますね。

まとめ

衣替えの時期について再度まとめると

春物:1週間の平均最高気温が15度以上
夏物:1週間の平均最高気温が25度以上
秋物:1週間の平均最高気温が25度以下
夏物:1週間の平均最高気温が15度以下

また近年の地球温暖化で時期がこれまでと変わっているので、6月1日と10月1日にこだわらないほうがいい

となりました。
ぜひ参考にしていただければ幸いです。

スポンサードリンク