fbpx

法事とは?服装と持ち物は何がいる?


実は昨日、母方の祖母の三回忌に行ってきました。
家族だけで行う小さなものでしたが、今日になって母から、本当はアレをしなきゃいけなかった、これをしてなかったといろいろ文句が。
そういうことは、もっと早く言ってほしかった。。。。(やったかどうかはわかりませんが。。。。)

たぶん、そういう経験をしている人は私だけじゃないはず!
考えてみると、お葬式を含めて、こういったことって勉強したことないんですよね。
そこで、自分への覚書という意味も含め、法事のときのマナー、やるべきこと、気を付けることをまとめてみました。

スポンサードリンク

法事とは?法要とどう違う?


まず、法事とか、法要ってよく聞きますが、なんとなくの意味しか分からない人って多いんじゃないでしょうか?
(私だけ??)
実は法要と法事にはこういった違いがあるんです。

法要とは?


法要はお坊さんを呼んで、またはお寺に伺って、読経をしてもらい故人の冥福を祈っていただくことを言います。
「追善供養(ついぜんくよう)」とも呼ばれています。

仏教では法要は故人が極楽浄土に往生するために行うとしています。
特に浄土真宗では南無阿弥陀仏が故人を極楽浄土へ導くとされており、法事で故人の冥福を祈るために集まった人たちが仏の教えを聞く場所とされているのだとか。
だからあんなに南無阿弥陀仏というのですね。

つまり、法要とはお坊さんにお経を読んでいただき、集まった人たちが故人の冥福を祈ること、浄土真宗では集まった人が冥福を祈るとともに、仏の教えを聞くこと、なんですね。

法事とはなに?


では法事って何のことを言うのでしょうか。
法事は法要の後に行う会食も含めたものをいいます。
ちなみにこの会食は「お斎(おとき)」というのだそうです。

午前中に始めるのなら昼食、午後から始める場合は夕食を一緒にするということなんですね。

法事の種類とは?何回法事はやるの?

こんなにたくさんあるとは知らなかったのですが、法事の名称と時期、それから参加者を表にしてみました。

名称時期参加者
初七日(しょなぬか/しょなのか)7日目遺族や親族をはじめ、友人や知人
ニ七日(ふたなぬか/ふたなのか)14日目遺族のみ
三七日(みなぬか/みなのか)21日目遺族のみ
四七日(よなぬか/よなのか)28日目遺族のみ
五七日(いつなぬか/いつなのか)35日目遺族のみ
六七日(むなぬか/むなのか)42日目遺族のみ
四十九日(しじゅうくにち)49日目遺族や親族をはじめ、友人や知人
百箇日(ひゃっかにち)100日目遺族のみ
一周忌(いっしゅうき)満1年目遺族や親族をはじめ、友人や知人
三回忌(さんかいき)満2年目遺族や親族をはじめ、友人や知人
七回忌(ななかいき)満6年目遺族や親族
十三回忌(じゅうさんかいき)満12年目遺族のみ
十七回忌(じゅうななかいき)満16年目遺族のみ
二十三回忌(にじゅうさんかいき)満22年目遺族のみ
三十三回忌(さんじゅうさんかいき)満32年目遺族や親族のみ

結構たくさんあるんですね。
私の家では葬式の後に初七日を行い、その後は1回忌と3回忌のみを行いました。
なので、次にあるとしたら、7回忌。あと5年後ですね。

法事のときの服装は?

さて、法事の当日。
いつも当日になってから何するかを母に聞き始めるのですが、次回以降聞かずに済むように、まとめてみます。

まずは服装。
お葬式のときは男性も女性も喪服というのは知っていても、法事になにを着たらいいのかわからないですよね。
私も母に聞いたら、普段着でいいんじゃないってお言葉が。
さすがにどうかなあと思って調べてみました。

お葬式から三回忌までは喪服


法事がどの種類化によって服が変わってきます。

まず、葬式から三回忌までは喪服です。
男性:黒のスーツに黒いネクタイが基本
女性:黒のワンピースか黒いスーツ(ストッキングも黒)。パンツスーツはNG。
子供:制服があれば制服、または黒っぽい服。

大学生や社会人になってすぐの場合、喪服を持っていないという方は多いです。
黒いリクルートスーツがあるから、と着ていくのはお勧めできません。
礼服や成人式用の黒いスーツ、ワンピースがある場合はそちらを着ましょう。
もしそういった黒いスーツやワンピースがないのであれば、通販で1万円以内で購入ができるので、購入を検討しましょう。

平服でと案内状にあったらどうする?

7回忌以降は平服でと案内状に記載されることがあります。
その場合は、うちの母の言うように普段着ではなく、濃紺やグレーの服のスーツやワンピースを選ぶのが正しいです。

まちがっても白いポロシャツにスラックスなど選んではいけませんよ。
うちの息子は服がないといって穿いていましたが、ジーンズなんてもってのほかです。
家族しか行かないからできたことですが。。。。

靴や小物はどうする?


靴やバッグ、アクセサリーはどうしたらよいのでしょうか。

男性:革以外の黒い靴。ローファーはNG
女性:黒い低めのパンプス。サンダルやミュールはNG
子供:小さな子供は黒い靴がなければ、普段使っている靴でOK

sponsored link

女性のアクセサリーはパールやブラックオニキスで。
結婚指輪はつけていても大丈夫ですが、それ以外のアクセサリーは派手でないものにしましょう。

法事のときに持っていくものは?


法事のときに持っていくものはこの2点。
数珠(念珠)とお香典です。

初めて知ったのですが、男性用と女性用の数珠はサイズが違います。

このように、女性用は8mm、男性用は13mmなんですね。
もし家にあるもののサイズが違う、という場合は通販などで購入するのもよいかと思います。

お布施の金額はいくらかって結構気になりますよね。
相場としては親族は1~2万円、親しい友人は1~3万円、一般的な友人・知人は5000~1万円くらい。
故人とどの程度親しいかで金額は変わってくるそうですが、大体このくらいと考えるのがいいそうです。
それと、一緒に参列する方がいれば、相談するのもよいでしょう。

香典の表書きは1年忌以降であれば御仏前そのまえであれば御霊前とします。

まとめ

法事についてまとめてみましたが、いかがでしたか?
最後にまとめると

 服装:3回忌までは喪服、それ以降平服と書かれた場合は後根やグレーのシンプルな服装
 靴:革以外の黒いシンプルな靴
 アクセサリー:真珠またはオニキスのシンプルなもの
 持ち物:数珠と香典
 香典の相場は5000円から3万円。どれくらい親しいかで変わってくる。
 香典の表書きは1年忌以降であれば御仏前、そのまえであれば御霊前
ということになりました。

30代を過ぎると悲しいことにこういったお葬式や法事に出る機会が増えます。
突然の案内状が来てどうしようと思ったときに、お役に立てればと思います。

スポンサードリンク