fbpx

お中元のお返しって必要?しないとマナー違反?


お中元のお返しって悩みますよね?
特に送っていない方からのお中元。お歳暮もそうですが、お中元は毎年贈るもの。
悩まないように、どうしたらいいか、チェックしてみました。

スポンサードリンク

お中元のお返しって、必要?

では、お中元をもらった場合、お返しは必ずしなくてはいけないものなのでしょうか?

お中元のお返しは必須ではありません。

でも、お中元をいただいたのですから、「お礼」は必須です。

お中元に限らず、いただきものをしたらお礼をするのはマナーですよね。

お中元だけでなく、年末に贈るお歳暮はあくまで「日ごろの感謝の気持ちを相手に伝えるもの」です。

うちの母もそうですが、いただいたら返さなきゃって思ってしまう方もいますが、お中元のお礼としては、品物を贈る必要はありません。

もちろん、日ごろの感謝の気持ちをということで、お中元を贈ることはよいことですが、それでも、お礼をするのはマナーです。

お中元のお礼はどうしたらいい?

お中元のお礼はどのようにしたらいいのでしょうか。

昔はお礼状を書くことが一般的でしたが、最近ではお礼状だけでなく、お礼の電話をすることも多くなってきました。
ただしそれは、親戚や友人、同僚などの仲のいい相手のみです。

もし、義理の両親や恩師、会社の取引相手などからいただいた場合は、やはりお礼状を書くのが礼儀です。

お礼状を出すことは、お中元がきちんと届いたことを知らせる意味合いもありますので、お中元が届いたらなるべく早めに出しましょう。

お中元のお礼状は「手書きの縦書き」が基本ですが、はがきや横書きでも問題ありません。
大切なのは早めに出して、お礼の気持ちを伝えることです。

お中元のお礼状はどう書けばいい?

取引先などビジネス関係の方に贈る場合

取引先などのビジネス関係の方にお礼状を贈る場合は、縦書きの封書を送りましょう。
すぐにお礼をしたほうがいい場合は、まずメールや電話などでお礼を伝え、そのあとお礼状を送るといいかもしれません。

また仕事だけでなく個人的にも親しく付き合っている取引先などである場合ははがきなどでもいいですね。
だだし、、はがきだと文面が見えてしまうので、他人に見られても差し障りのない内容を書くことをおすすめします。

sponsored link

文章だけだとそっけなくなってしまう場合は、イラストや写真をいれてみるのもよいですね。

同僚や友人など親しい間柄の場合

身内や友人・知人などの親しい間柄であれば、電話やメールで感謝の気持ちを伝えることも方法のひとつです。
相手にもよりますが、一般的には電話やメールだけでなくお礼を送るのがマナーとされていますので、電話やメールだけでなく、はがきなどでお礼状を送ることをお勧めします。

お中元のお返しは不要。でもやっぱり送りたい場合は?


お中元のお礼だけでは、ってことありますよね。
お礼状だけでなく「どうしてもお返しをしたい」という人向けに、お返しをする時に気を付けたいポイントをまとめました。

お中元のお返しの時期は?

お返しの時期は、品物を受け取ってから、少し時間を空けるのが良いとされています。
後日贈るので、名称はお中元ではなく、「暑中御見舞」や「残暑御見舞」となります。

  • お中元……7月初旬から7月15日まで
  • 暑中御見舞……7月16日から立秋の前日まで
  • 残暑御見舞……立秋に入ってから処暑まで
  • そう、送る時期によって名称が変わるのです。
    いつ送るのか、いつ到着するのかを確認して、送りましょう。
    百貨店などでお願いする場合は、店員さんが気を利かせて直してくれますが、ネットで購入する場合は注意する必要がありますね。

    お中元のお返しの金額

    お中元のお返し、として贈るのであれば、「半返し」と呼ばれるいただいた品物の金額の半分程度にしましょう。
    「もらった品物よりも、やや安め」くらいの金額で考えるといいでしょう。

    お中元のお返しにはどんなものを選んだらいい?


    お返し、とはいえ、お中元セットなどを使ってよいので、相手に喜ばれるものを選びましょう。
    和菓子、洋菓子、旬の果物、清酒など、相手に負担をかけないような気楽な品物の方が、お返しとして相応しいです。

    まとめ

    お中元のお返しについてもう一度まとめてみますね。

  • お返しは義務ではない
  • 贈答品を受け取ったら、お礼状を書くのが一般的
  • お返しは後日「暑中御見舞」や「残暑御見舞」の時期に贈る
  • お返しの金額は頂いた品物の半額~同額以下が目安
  • ということになりました。
    お中元のお返しの時期ってけっこう間違えやすいので、気を付けたいところですね。

    スポンサードリンク