今日はプレミアムフライデー

今日は令和最初のプレミアムフライデーですね!

みなさん、帰れそうですか? ( ´∀` )

スポンサードリンク

プレミアムフライデーって名前はよく聞くけど、なんだっけ?

そう思ったのは私だけではないはず。

プレミアムフライデーっていうのは、簡単に言ってしまうと毎月月末最後の金曜日は午後3時までに帰ってお金を使ってねっていうのが趣旨のキャンペーン。

仕事が忙しい、残業していて出かける余裕がないという会社員を早く帰宅させることによって、外食や買い物などに午後の時間を使ってもらって消費を活発化させようっていうことらしい。

2017年の2月24日から始まったこのキャンペーン。

つまりすでに28回もやっているんですよね!

毎月だけど、自分に関係なかったから、数えてびっくりしました。

一応経団連も推奨しているらしいので、たぶん経団連に入っているような企業はお休みだろうけど、私がいる会社のように中小企業はやってくれないんでしょう。。。。

でも実際問題、どれくらいの企業がやっていて、本当に政府が期待したような個人消費って生まれているんでしょうか?

プレミアムフライデーの実施状況をリサーチした情報が2月に出ていた

2019年の2月にゼネラルリサーチという調査会社がインターネット調査をしたそうなのです。

全国の20~60代男女で一般の人たち1,258名をランダムで聞いたものです。

まずは認知度。さすがにほとんどの方が知っていますね。90%が知ってました。

出典:ジェネラスサーチ

さすがに2年以上たつとみんな知っていますね。

ではどれくらい実施されているのでしょうか?

出典:ジェネラスサーチ

たった10%。。。。

sponsored link

政府が主導でやるんだから、せめて30%入ってほしいですよね。

で、この10%ってどんな企業かを聞いたのがこれ。

出典:ジェネラスサーチ

大企業ばっかりかと思いきや、意外と中小企業でもやっているみたいですね。

1~50人ってことは本当の零細企業か、始めたばかりのスタートアップ企業なんでしょうね。

こういう小さい企業は社長との距離も近いからやっていたりするんでしょうね。

そして気になるのが、プレミアムフライデーを実施している会社に勤めている人たちってどんな風に過ごしているのか、ですよね。

出典:ジェネラスサーチ

何をやったかはありませんでしたが、プライベートが充実した方が多かったみたいですね。

体調がよくなったというのもあり、羨ましい!

では経済の影響ってどうなんだろうって思いますが、実施企業が10%ではたぶんちゃんとした数値は出てこないのではないかと思います。

実際質問の中には経済の影響はどうかという質問もありましたが、75%の人は影響はないだろうって答えています。

実施企業が少なすぎるから、そうですよね。

プレミアムフライデー推進協議会なんてあるんだって

私も今回このブログを書くにあたり、いろいろ調べてみたんですが、そのなかで出てきたのがこれ。

プレミアムフライデー推進協議会。

また天下りのグループかあって感じですが、事務局は博報堂がやっているらしいですね。

そして笑えるのが、これまでの取り組みが2017年の6月までの4回までしかないこと。

そして資料に表などがあるんですが、質問は冒頭に全部、「これまでより早く帰ったかどうかに関わらず」って書いてあるのが笑えました。

つまりやっている企業が少なすぎて資料が作れなかったんですね。

プレミアムフライデーって本当にいるのかしら?

こうやってみてくると、まったく名前倒れのプレミアムフライデー。

自分の会社でやられたら、どうなんだろうって考えたら、やってほしいけど、月曜日たくさん仕事が山積みになるならやらなくてはもいいなって思いました。

お休みになって仕事もたまらないならいいけど、やらなきゃいけないことが先送りになるだけならって思っちゃいますよね。

みなさん、どうでしょう?

働き方改革と合わせてやっていけばッて声もあるようですが、仕事量が変わらない限り、無理かなあと思いました。

もっと楽に仕事ができるようにならないかなあ

スポンサードリンク